自分の目的に合っている方を選択

いらなくなった不用品をまとめて処分する方法

特徴がそれぞれ異なる

最も安く済むのは行政

行政は、安い価格で不用品の処理を受け付けています。
小さなものなら300円程度、大きいものでも700円前後で回収しています。
大量に処分する場合でも、1000円から2000円ほどで済むでしょう。
不用品を処分するのに、お金を掛けられない人は行政に依頼してください。
業者に依頼するという方法もありますが、行政よりも価格が高くなります。

大量の不用品を処分すると10000円を軽く超えることもあるので経済的な負担になります。
行政に依頼する際は、事前に手数料を支払います。
コンビニや郵便局で支払いを済ませると、シールをもらいます。
シールを不用品に貼ると、手数料を支払ったという証拠になるので回収してもらえます。
剥がれないよう、きちんと貼りましょう。

自分で運ぶ負担がある

安く済むのは嬉しいですが、行政は回収場所が決まっています。
そこにある不用しか、回収してくれません。
ですからそこまで、自分で運ぶ必要があります。
小さな不用品だったら、大きな負担にはならないでしょう。
ですが食器棚や洗濯機など大きな不用品や、たくさんの不用品を出す際は負担が増えます。
そのことを忘れないでください。

たくさんあって自分1人で運ぶのが難しいと思ったら、知り合いに手助けをしてもらいましょう。
また、どこに持って行けば良いのか事前に把握しておいてください。
地域ごとに分かれているので、自分が住んでいる地域の回収場所に持っていかないといけません。
別の地域の不用品があっても、行政は回収しない決まりになっています。


この記事をシェアする